Profile

西島大介(にしじま・だいすけ)

 

1974年東京生まれ。広島在住。

 

2004年に書き下ろし長編コミック『凹村戦争』で漫画家デビュー。同作は平成16年度第8回文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品となり、またこの年の星雲賞アート部門を受賞。代表作に『世界の終わりの魔法使い』『ディエンビエンフー』などがある。2012年に刊行した『すべてがちょっとずつ優しい世界』が第三回広島本大賞を受賞、第17回文化庁メディア芸術祭推薦作に選出される。2016年『ディエンビエンフー』は12集を持って未完の最終巻となったが、画集&設定資料集『The ART of Dien Bien Phu』を刊行した。

 

イラストレーター、アートディレクターとして装幀画やCDジャケットを数多く手掛け、「DJ まほうつかい」名義での音楽活動やアーティストとしての個展も開催。ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」開催中。

Daisuke Nishijima

 Born in Tokyo in 1974 and lives in Hiroshima,Nishijima made his debut in 2004, with the full-lengh narrative comic O-son Senso (The Universal), (witch was selected)in the same year, as a Jury Recommended Work in the 2004 [8th] Japan Media Arts Festival, and received the Seiun Award for best work of art; his main publication includes Sekai no Owari no Mahoutsukai(The Witch at the End of the World) (2005-), Dienbienfu(Dien Bien Phu)(2007-);and Subetega chotto zutsu yasashii sekai(A Kindly World) (2012), witch received The 3rd Book Award in Hiroshima, and selected as a Jury Recommended Work in the 17th Japan Media Arts Festival in 2013.Apart from creating comic narratives, Nishijima makes book illustrations and original drawings, while being actively involved in music activities, composing his original music pieces, and performing in his own and others`s concerts and music events, under the alas of DJ Mahoutsukai.